ケン坊、スタメン復帰の岩下を直撃 J2福岡

◆明治安田生命J2:第37節 山口0-1福岡(13日・みらスタ)

アウェーに駆けつけた西スポ特命アビスパ応援団長のケン坊田中が試合後、故障から復帰し、11戦ぶりにスタメン出場した岩下を直撃した。

2人は7日に福岡市内のちゃんこ料理店でけがからの回復祝いと逆転昇格への決起会を行った仲。闘志あふれるスライディングなどで猛攻を止めた岩下だが、昨季終盤に右脚腓骨(ひこつ)を骨折した“前科”があるだけに、ケン坊は故障再発が気がかりなよう。「次節出ない、ということはないよね?」と尋ねると、岩下は「スライディングは僕の生命線。でも昨年と同じようにはなりません」と安心させた。

12日の日本代表戦で代表デビューした前アビスパの冨安健洋(19)についても触れ、「あいつも不安があったと思う。ずっとLINE(ライン)しているけど『全然楽しんでやればいい』と伝えた」と明かした。

ケン坊は「福岡のサポーターとしては(冨安と)2日連続の零封で勢いづいた!」と気炎を上げ、岩下は「彼に負けないように、僕らも頑張らないと」と気合を入れた。

=2018/10/14付 西日本スポーツ=

Follow

西日本スポーツ

on

©株式会社西日本新聞社