<楽天>山崎、2安打1打点で1年目締める「もっとやりたかった」

ロッテ―東北楽天 3回東北楽天2死一、二塁、山崎が左前に先制の適時二塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム

 東北楽天の山崎が先制打を含む2安打1打点と快音を響かせ、1年目の最後を締めた。33試合出場で打率2割3分2厘、7打点の成績に「最後は良かったが、もっとやりたかった」と悔しさをにじませた。

 「試合に出るための技術が足りない」と走攻守全てで課題を痛感した1年だったという。特に打撃と走塁では「鋭い打球を打ち、盗塁を狙えるリードの形をつくりたい」と話す。

 最近になり、4月に新調したスーツの尻回りがきつくなったのに気付いた。たくましくなった体をさらに鍛え「来季はレギュラーを取りたい」と2年目の飛躍を誓った。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社