TBS宇垣アナ「干され危機」!?番組で『セクハラ告発』した結果…

画/彩賀ゆう

一般社会でも芸能界でも定番となっている「恋人はいるんですか?」という質問。もはや当たり前のように聞かれるフレーズだが、TBSの宇垣美里アナウンサーがこの質問に苦言を呈している。

発端となったのは、宇垣アナがリポーターを務める『サンデー・ジャポン』(同局)での1コマ。10月7日放送の同番組で、若者に人気のアイテムとして『プロポーズリング』を特集し、スタッフが宇垣アナに「結婚願望はあるんですか?」「お相手は?」などと質問していた。

すると後日、宇垣アナは自身がアシスタントを務めるラジオ番組『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)で、「『お相手いるんですか』とか、プライベートに関わる質問がすごく苦手」と発言。「『いません』って言ったら本当にいなくても『ウソつけ』ってなるし、『えーもったいない』とも言われる」と不満を漏らし、「その人のセクシャリティーに関わることに対して、何でそんなに気軽に質問できちゃうんだろう」と真面目なコメントで一石を投じた。

同ラジオパーソナリティーを務める『ライムスター』の宇多丸もこの意見に賛同。「無遠慮にやりがちだけど気を付けてもらいたいですね」「そのやり取りが面倒クサい上に、人によっては傷つく領域」と、宇垣アナの考えに深い理解を示している。

 

「扱いづらい」というマイナスイメージに?

「毅然としててカッコいい」「正論過ぎる」「確かに普通ならセクハラになりかねない質問だよね」など、ネット上でも多くの共感を得た宇垣アナの発言。しかし今回の意思表示は、今後のアナウンサー生命に影響を及ぼす可能性もあるという。

「確かにキャリアウーマンとしては真っ当な意見ですが、宇垣アナは“闇キャラ”やコスプレもいとわないサービス精神など、バラエティー的な要素が評価されている人物。報道出身のお堅いアナウンサーならまだしも、宇垣アナのような立ち位置でこうした発言をするのは“扱いづらい”イメージになり、マイナス効果を生んでしまいます。事実、宇垣アナが今回発言したことによって、『TBSがセクハラをしている!』なんて声も上がる始末。局アナが、局の人気を落としています。そのため今後はトラブルを避けるために“腫れ物扱い”され、徐々に干されていくでしょう」(TBS関係者)

不動の人気アナかと思いきや、意外とその地位は危ないのかもしれない。

 

Follow

まいじつ

on

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社