『ブラタモリ』、湘南が人気化した歴史を紐解く サザンづくしの番組構成にファン歓喜

『ブラタモリ』(NHK)で、タモリがサザンオールスターズとの関係が深い神奈川県の湘南を訪問。

(gyro/iStock/Getty Images Plus)

13日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリと林田理沙アナウンサーが神奈川県の湘南を訪問。湘南といえば、サザンオールスターズの曲の歌詞の中で、「江の島」や「烏帽子岩」といった名所が多く登場するスポットだ。

今回、そんな湘南と関係の深いサザンが多く番組内で紹介され、ファンが歓喜した。

■サザンの歌詞が多く登場

タモリ一行は、大磯町に続いて茅ヶ崎市を訪問。茅ヶ崎市は、サザンや加山雄三を輩出した湘南の代名詞で、年間300万人の観光客が訪れる地域。また、ビーチからはサザンの歌詞に登場する烏帽子岩を望むことができる。

そんな茅ヶ崎市だが、大正5年の観光客の数は800人。その理由は、サザンのデビュー曲「勝手にシンドバッド」の歌詞「砂まじりの茅ヶ崎」から見えてくるという。

当時、茅ヶ崎市は内陸まで砂地だったことが弱点で、観光地に向かないことから他の地域に比べて人気がなかった。しかし、1970年代に起こったサーフィンブームによって、波乗りの街として人気を集めるようになったという。

■サザンづくしにファン大喜び

湘南に迫る傍ら、関係の深いサザンの歌詞が紹介されたり、多くの曲が番組のBGMとして流れた。ファンからは「素晴らしい」「幸せ」などの声が相次いでいる。

■神奈川県は温泉イメージでも健闘

しらべぇ編集部では全国20代〜60代男女1,349名に「「温泉」でイメージする都道府県」の調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

1位は24.8%の大分県、2位は10.9%の群馬県、3位は北海道の10.5%で、4位が3.9%の神奈川県だった。

湘南の近くに箱根や湯河原など温泉地も有名な神奈川県。興味が湧いたら、有名な観光スポットが点在する神奈川県の歴史を、ブラタモリのように辿ってみるのも面白いかもしれない。

Follow

しらべぇ

on

©株式会社NEWSY