不振から一転…優勝争いに名乗り 永井花奈のプレーを支えるたった一つの決めごと

目の前のプレーに集中 永井花奈が2勝目を狙う(撮影:上山敬太)

<富士通レディース 2日目◇13日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,675ヤード・パー72)>

3バーディ・1ボギーでトータル5アンダーまで伸ばした永井花奈。首位と1打差の3位タイまで順位を上げた2日目のラウンドを、「80点」と評価した。

直近5試合で4度の予選落ちと不振が続く現在の永井。この期間は「調子は上がってきたのに、悪い時のイメージが抜けずにスコアがつくれない」という日々が続いていたという。それによって、例えばスイング時に、悪い時の球筋が頭に浮かんでしまい、打つ瞬間に自然と体がスイングを回避してしまう、というようなことが起こっていたという。

そこで、今大会は「一度球筋をイメージしたら、迷うことなく、やりきることだけを目標にしています」と、シンプルな思考を心掛けるようにした。「打つ寸前に『違うかな?』と思ってもやりきる」と腹をくくると、「それがうまくいっている」とスコアを伸ばした。

このおかげで、「決めたら、あとはただ打つだけなので」と淡々と、リズムよくラウンドができるように。「あまり先々のことは考えず、ボールがある所でどうするべきかだけを考えてプレーしました。そのおかげか、めずらしく1回も緊張したショットがなかったです」という効果もあらわれた。

優勝に手が届く位置からスタートする最終日も、「緊張せずに終わるのか、それともいい位置だからと雑念が入るのか、今は分かりません。それはその時に考えます」と、やはりその瞬間に感じたことに、思考やプレーをゆだねる姿勢は崩さない。一つひとつの場面をクリアした先に、昨年の「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」以来となる優勝がまっているのかもしれない。

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社