<あのころ>臭気デモで値上げ要求

くみ取り業者気炎

1952(昭和27)年10月14日、埼玉県の大宮市役所前に積み上げられたのはふん尿を運ぶ肥おけ。くみ取り料金値上げを要求する業者が臭気デモ作戦に打って出た。下肥は畑の肥料として重宝され、農村地帯には肥だめが欠かせなかった。浄化槽や水洗トイレの整備が進むとともにその姿も消えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る