美人は得どころか苦労する? 本物の美女がイラッとした3つのエピソード

美人でもいいことばかりではなかった…

美人は得をするとよく言われますが、fumumu取材班が美人達に話を聞いてみると、美人だからこそ苦労することも多いそう。実際に苦労した経験について聞いてみました。

(1)電車の中でジロジロ見られる

「電車に乗った時にチラッと見る程度ならまだわかるんです。でも、隣に座ってきたおじいさんが完全にこっちを向いて私を下から上までずーっと見てきて。

気づかないふりをしていたけど、本当に気持ち悪くて車両を変えました。

別に露出が激しかったわけでもないし…。最近はいちいち気にしていると疲れるので、無反応にするトレーニングをしています」(20代・女性)

(2)スポーツジムでしつこく声をかけられる

「最近ジムに通い始めたばかりで、マシーンの使い方がわからなかったのでスタッフのお姉さんに質問し、レクチャーを受けていました。すると隣のマシーンを使っていたおじさんの視線が気になり始めました。

私が初心者だとわかり、話しやすいと思われたのでしょう。案の定、『初めてなんですか〜?』と気持ち悪い声で話しかけてきました。

わざとそっけない態度で返しても『綺麗って言われませんかぁ〜?』としつこく絡まれたので、無視して去りました。ひとりで集中したいので、本当に邪魔ですね」(20代・女性)

(3)常に女に妬まれる

「自分のことを特別美人だと思ったことはないです。たまに言ってもらうことがあり、すごく嬉しいんですけど、そういう風に私が言われていることをよく思わない人もいるみたいで。

『あの子、〇〇先輩とか後輩の〇〇くんと体の関係を持ってるらしい』とか、ありもしないことを言いふらされたことがあります。

この前就活が終わると、会社名もすぐに広まっていて『どうせコネでしょ』と陰で言われたり、就職先が分かった時点でツイッターとインスタのフォローを外されたりしましたね」(20代・女性)

美人だからといっていいことばかりではないのですね。みんな同じ人間なので、平等に付き合うことが大切です!

・合わせて読みたい→運動に来ているのに! 女子が迷惑だった「ジムでのナンパ」3選

(文/fumumu編集部・sayo

Follow

fumumu

on

©株式会社NEWSY