気分は駅長「出発進行」 北上で鉄道の日イベント

駅長服とナッパ服を着て記念撮影する来場者

 北上市大通りのJR北上駅(伊東満駅長)は13日、同駅周辺で鉄道や駅に親しむ多彩なイベントを開き、大勢の家族連れらが楽しんだ。

 同駅西口広場では、来場者が白い駅長服や「ナッパ服」と呼ばれるSL機関士の制服を着てJR盛岡支社のキャラクター「トレインジャー」と記念撮影。ホームから落下物を拾うマジックハンドの体験会や踏切の模型を使った交通安全教室も人気を集めた。

 子どもたちによる鬼剣舞、チアリーディングの演技に盛んに拍手が送られ、二子さといもを使った芋の子汁が振る舞われた。

 イベントは14日の鉄道の日を前に開催され、14日も一関市のJR一ノ関駅、釜石市の同釜石駅などでも開かれる。

Follow

岩手日報WebNews

on

©株式会社岩手日報社

IWATENIPPO岩手日報

岩手のニュースやスポーツ、お得な情報をリアルタイムでお届け。岩手日報社の公式サイトです。

サイトはこちら