釈放の牧師、トルコから米に帰国

トランプ氏と面会、謝意示す

©一般社団法人共同通信社

米ワシントンのホワイトハウスで、ブランソン牧師(左)と面会するトランプ大統領=13日(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トルコで2016年から拘束・自宅軟禁され、12日に釈放された米国人のブランソン牧師は13日、米首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着、帰国した。ホワイトハウスに直行し、トランプ大統領と面会、釈放への努力に謝意を示した。

 牧師拘束を受け米政府がトルコの閣僚に制裁を発動し、両国の対立が深刻化していた。トランプ氏は「この数カ月、両国関係は極めて険悪だった」とし、釈放は関係改善への「素晴らしい一歩」になったと述べた。トルコのエルドアン大統領に対する感謝の言葉を繰り返した。