バンクシー作品が落札直後にシュレッダー たけし「やったら値段が上がることわかってる」

バンクシーが紹介されて話題

(suzieldk/iStock/Getty Images Plus)

5日にイギリス・ロンドンで世界最高峰のオークション会社『サザビーズ』で、「少女と風船」という一枚の絵が約1億5000万円で落札。ところが、落札直後に絵画が細断され、会場は騒然とした。

13日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、この絵画をテーマに取り上げられた。

■高額取引への批判?

会場を騒然とさせる演出を仕組んだのは、「少女と風船」の作者・バンクシーだった。バンクシーはプロフィールが一切不明の覆面アーティストで、作品の多くは街に描かれるストリートアート。アートで社会問題を風刺し続ける画家だ。

今回の細断騒動は、「絵画が高額取引されることに対する批判のメッセージ」だとされている。落札者は細断された作品を正式に購入。「細断の瞬間はショックを受けたが、徐々にアートの歴史の一部を手に入れたことに気がついた」と語っている。

■コマーシャルリズムを理解している

この話題にスタジオでは…

湯山玲子:よくやってくれたなと思う。アートというのは株券と一緒でアートはお金になってるじゃないですか。それをオークション現場でぶっ壊すという。でも皮肉なことにそれに高値がついてしまう。社会に何を問いかけるかということがここから考えさせられる。

安住:反権力、資本主義を嘲笑うようなことをしておきながら何気にコマーシャルリズムを理解している。

たけし:やったら値段が上がることをわかってるよね。

と、バンクシーについて熱く語り合った。

■どこまでが作品?

ネットでは「途中で止まってるところがミソ」や「シュレッダーまでが作品」などの声が目立っている。

■理解しがたい芸術も?

しらべぇ編集部は全国20~60代男女1,365名を対象に「現代アートにはアートと呼べないものがあると思うか」調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ほぼ半数が現代アートに難色を示しているという結果に。

今回のバンクシーの作品は絵画だけでも約1億5000万という値が付き芸術と呼べるものなのだろうが、さらに途中まで細断してしまうという斬新な発想が結果として芸術性を引き立てたのかもしれない。

Follow

しらべぇ

on

©株式会社NEWSY