国民岐阜県連代表に伊藤氏 今井氏は離党を表明

 国民民主党県連代表の今井雅人衆院議員(56)=比例東海=は13日、岐阜市内で報道陣の取材に「近々党を離れる」と述べ、離党する考えを明らかにした。

 国民県連事務所で開かれた県連の幹事会に出席後、表明。「自分なりに考える野党再編に向け、行動したい」と語った。

 幹事会では、今井氏の代表辞任の申し出を了承し、新代表に県議の伊藤正博幹事長を選出した。

 今井氏は、昨年の衆院選前に旧民進党が旧希望の党や立憲民主党などに分裂したことに触れ「本当に不幸な結果になり、野党の力は非常に弱くなった。新しい野党勢力をつくらなければならない」と述べた。関係者によると、15日に党本部に離党届を提出し、立民の会派に所属する予定という。

 幹事会後、伊藤氏は報道陣に「代表辞任の意思が固く、やむを得ない。(今井氏の)離党の思いと時期の考え方が正直すっとは入らないが、来年の統一地方選と参院選に向けて新しい体制に切り替えたい」と説明。統一選や、参院選の野党統一候補の擁立に及ぼす影響は小さいと強調した。

©株式会社岐阜新聞社