スゥープス飛躍へ大声援 バスケB3、ホーム開幕戦沸く

 「よくやった」「次も頼むぞ」。プロバスケットボールのBリーグに岐阜県チームで初めて参入した3部(B3)の岐阜スゥープスのホーム開幕戦が13日、岐阜市薮田南のOKBぎふ清流アリーナで行われ、埼玉に74―70で見事勝利した。詰め掛けた1055人のファンが大歓声で会場を熱くし、岐阜に産声を上げたBリーグチームの歴史的第一歩を見届けた。

 開幕2連敗後、2連勝で3位につけている岐阜は勢いそのままに序盤から優位に進めた。三輪中バスケットボール部2年生(14)=岐阜市=は「ダンクシュートがすごい。シュートの打ち方などまねしたい」と憧れのまなざし。一時リードを許すなど白熱の試合展開となったが勝利の瞬間、会場中から割れんばかりの拍手が沸き起こった。

 小沢友教選手(岐阜大出)の大学の後輩だという会社員(30)=下呂市=は「チーム発足時から応援していたので、とてもうれしい。もっと勝利を重ねてほしい」とさらなる活躍に期待した。

岐阜スゥープスの選手が得点し、盛り上がる応援席=13日午後8時27分、岐阜市薮田南、OKBぎふ清流アリーナ

©株式会社岐阜新聞社