秋風に漂う気品の芳香 花フェスタ記念公園バラまつり

 岐阜県可児市瀬田の花フェスタ記念公園で「秋のバラまつり」が開かれており、秋にも花を見せる「四季咲き」の品種を楽しめる。同公園は「本格的な見頃は今月下旬ごろ」とするが、園内を訪れると、開花間近の大きなつぼみだけでなく、すでにかれんな花を見せる株があり、芳香を漂わせている。同まつりは11月11日まで。

 四季咲きのバラは約5千種で2万株ほど。比較的低い気温の中でつぼみが遅く育つため、春の花に比べて色のコントラストや発色が鮮やかになるという。同公園も「一番バラが美しい季節ともいわれる」と説明する。

 園内にはミニバラの鉢を組み合わせた撮影スポットもあり、スマートフォンで記念撮影する家族連れらでにぎわっている。

 期間中にはさまざまな催しがあり、「花のミュージアム」館内ではバラがテーマの手芸品などを販売する「ハピネスマルシェ」が21日まで開かれている。アクセサリーや雑貨など趣向を凝らした商品が訪れる人を楽しませていた。

色とりどりのバラが、訪れる人を楽しませている
小さなバラの鉢でかたどったハート型の撮影スポット。記念撮影の場として人気だ
バラをテーマにした手芸品などが並ぶ「ハピネスマルシェ」の会場=いずれも可児市瀬田、花フェスタ記念公園

©株式会社岐阜新聞社