【千代保稲荷神社(最寄り・駒野駅)】 サイクリング参拝いかが

 「おちょぼさん」の愛称で親しまれている商売繁盛の神社。車で訪れるのもいいけど、天気の良い日に駒野駅のレンタサイクルを利用しての"サイクリング参拝"に挑戦してはいかが。

 道のりは約7キロ、30分ほど。参道入り口で自転車を止めたら、まずは境内で油揚げを供えてお参りを。そしてお待ちかね、参道巡りに繰り出そう。

 約700メートルに約120軒の商店がひしめき、なんだか懐かしさを覚える風景。さながら毎日が縁日のよう。串カツやドテ串、草もちなど定番はもちろん、モロコの甘露煮やナマズのかば焼きなど川魚料理もお薦め。

 岐阜県西濃地域を縦断するように走る養老鉄道は、揖斐郡から安八郡、大垣市、養老郡、海津市を通り、三重県桑名市まで沿線7市町をつなぐ延長57・5キロのローカル鉄道だ。1919(大正8)年の全線開通から今年で99年。地域住民、観光客から「ようてつ(養鉄)」の愛称で長く愛されてきた。沿線を散策し、名物や名所・旧跡など見どころを探した。

平日の昼間でもにぎわいを見せる「おちょぼさん」の参道=海津市平田町

©株式会社岐阜新聞社