松商学園、伊藤V弾で夏の覇者・松本国際を下す 長野8強決定

 第97回全国高校サッカー選手権長野予選4回戦が10月13日に長野県内の各会場で行われ、今夏の総体予選覇者の松本国際松商学園に敗れる波乱が起きた。
 県リーグ1部所属の松本国際と同2部リーグで戦う松商学園の一戦は伊藤の決勝弾により1-0で松商学園が勝利し準々決勝進出を決めた。前回大会覇者の上田西伊那北に3-0で勝利。新人戦覇者の東京都市大塩尻松本美須々ヶ丘を2-0で下し次戦に駒を進めた。県リーグ1部で戦う東海大諏訪は同2部リーグで戦う上田東と対戦したがPK戦の末に敗れている。その他、松本第一市立長野などが勝利し8強入りを決めている。

©サッカードットコム株式会社