クシュナー氏、8年無税か

不動産の減価償却利用と米紙

©一般社団法人共同通信社

クシュナー米大統領上級顧問(AP=共同)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は13日、トランプ大統領の娘婿で大統領上級顧問を務めるクシュナー氏がホワイトハウス入りする前の2009~16年、不動産の減価償却費を損失に計上するなどして、所得税をほとんど、あるいは全く支払っていない可能性が高いと報じた。

 クシュナー氏一家とかつて取引があった人物が持つ財務データ文書を閲覧したとしている。同紙は、文書にはクシュナー氏や関連企業による違法行為を示す要素はないとする一方、同氏の資産が過去10年で3億2400万ドル(約363億円)と4倍に増えたと批判的に伝えた。