失敗からの再起 会社をつぶし、手掛けた2つのサービスが終了 それでもチャンスをもらえる「許され力」の正体とは?

 イノベーションが叫ばれ、とにかく新しいものを生み出すことが求められる時代。過去の成功や上司の言うことにただ従っているだけでは新しいものは生まれません。革新には挑戦が不可欠で、挑戦には失敗がつきもの。企業や組織にはこれまで以上に失敗を許容できる文化や仕組みが必要になるでしょう。

 けれども、いくら「失敗はつきもの」と言っても、すべての人が等しく再起を許され、新たなチャンスをものにできるわけではありません。失敗しても許され、再起できる人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

 「タップル誕生」はサイバーエージェントの100%子会社・マッチングエージェントが手掛ける、趣味を起点に男女をつなぐマッチングアプリです。2014年5月のリリース以降順調にサービスを伸ばし、現在では国内シェアナンバーワン。

 実は、代表の合田武広さんにとって、これは「再起戦」です。過去に手掛けた2つのサービスがクローズに追い込まれ、「会社を1つつぶした」経験を持っています。

 挑戦し、失敗し、許され、再起する――。合田さんへのインタビューから、そんな「許され力」の正体を探ります。

 

イケイケで起業するも、わずか1年半で倒産

――「許され力」と聞いてどんな印象ですか?

 大赤字を出して、会社を1社つぶしても、今またこうしてもう一度チャンスをもらえている。とりあえずやってしまって、何か起きた後で「すみません」というのは他にもたくさん経験があるので、割と許してもらってきた方なのかなと思います。

――合田さんは入社の経緯からしてかなり異色ですよね。

 僕は大学院時代にサイバーエージェントのインターンをしたことで、ものづくりが好きになり、当初はそのままエンジニアとして入社するつもりで、内定ももらいました。けれども、内定者仲間でビジネスコンテストに出たら、たまたま優勝できたのです。副賞として米国・シリコンバレー行きのチケットをもらい、行った先でもコンテストに出たらまた優勝。もう完全にてんぐになって、勝手に会社を創ってしまったのです。

――当時はかなりイケイケだった?

 イケイケでしたね。内定辞退しようか、世界だって獲れるんじゃないかと思っていました。ところが、いざ事業が走り出してみるとうまくいかず、すぐに資金繰りも大変になりました。

 どうしたものかと悩んでいたタイミングで代表の藤田(晋)に声を掛けてもらいました。子会社化してもらい、サイバーエージェントとしても異例のことで、通常の新卒入社より3カ月早い2012年1月に入社。即、自分の会社に出向しました。ところが、結局この会社は1年半くらいで倒産することになりました。

 

――何が失敗だったのですか?

 ひとことで言うなら早すぎたんだと思います。

 僕らが最初に手掛けたのはFacebookのソーシャルグラフを使った「Facematch」というマッチングアプリ(後に「Pitapat」に名称変更)だったんですけど、そこには「友達の友達だから絶対安心だよね」というのがベースにありました。でも、実際にリリースしてみると、当時は「そもそもFacebookを使ってない」とか、「Facebook認証で情報を抜き取られるんじゃないの?」という反応が大半で。

 当時の僕は、世の中にまだないもので、なおかつ皆が面白いと思えるものを作りさえすれば絶対流行るという考えだったんです。でもそれって、実はすごくコンテストっぽい考え方なんですよね。コンテストであれば斬新さとか、「すごい技術だ」みたいなものは評価されますけど、一般ユーザーは必ずしも新しいものを求めているわけではない。

――確かにそうですね。

 僕らは最初から世界を獲りたいと思って海外の市場を見ていました。海外ではFacebookがすでに当たり前で、Facebook連携のオンラインマッチングはすでにあったから、そのさらに先と考えたのです。でも、それがそのまま日本市場に当てはまるわけではなかった。

 そういうことを分かっている人は周りにもいたと思うんです。でも、当時の僕はかなりのビッグマウスで、「天下を獲ってやる」くらいの感じでやっていたので、謙虚さがなくて。人の話に耳を傾けることをせずに会社もサービスも勝手に作って、結果失敗してしまった。そこは後になってすごく反省しました。

写真を拡大

 

 

捨て切れなかったマッチングへの思い

――会社をクローズすることになった時にはかなり厳しいことを言われたのですか?

 いや、それが失敗した時は何も言われなかったんですよね。担当役員に「もうこれ以上やっても厳しいんじゃない」と伝えられただけ。代表の藤田に何か言われるかな、むしろ言ってほしいなと思っていたくらいだったんですけど。反省させるとかは一切ありませんでした。

――サイバーエージェントのミッションステートメントには「挑戦した敗者にセカンドチャンスを」とありますが、そうしたカルチャーの表れということ?

 それはあると思います。失敗を失敗と捉えさせない。でも、そのときに何も言われなかったのは、もしかしたら「本人が一番分かっているだろうから」というのがあったのかもしれません。当時の僕は、周りが「こいつ死んじゃうんじゃないか」と思うくらいに、見るからに落ち込んでいたと思うので。

――会社をつぶすという経験は、イケイケだった当時の合田さんとしてもやはり大きなショックだったんですね。

 それはもう。Pitapatに続いて、2つ目にリリースした「Qixil」というサービスも失敗しました。でも、僕としては「また追加出資してもらって3つ目のサービスをやればいい」くらいに思っていたんです。だから「もう会社を継続できない」と聞かされたときは余計にショックでしたね。

 それを仲間に伝えなければならないことが何よりつらかったです。僕自身も通っていた大学院を辞め、腹をくくって起業しましたが、それは彼らだって同じ。コアメンバー4人、インターン生を含めると15人ほどいたのですが、皆誰もが知るような大企業からの誘いを蹴って付いてきてくれていた。会社をつぶすのは、一事業部で事業をクローズするのとはわけが違うんですよね。解散せざるを得ないと伝えたときには、皆で泣きました。「ああ、これがリアルビジネスなんだな」って実感したのをよく覚えています。

――どうやってそこから再起したのですか?

 Pitapatを閉じた後も、僕の中にはずっとマッチングアプリへの未練がありました。というのも、同じくらいの時期に出てきた「Omiai」や後発の「Pairs」といったサービスは順調に伸びていた。それを横で見るのがとても悔しかったんです。

 この分野には他に先駆けて早くから目を付けていたし、プロダクトにも自信はあった。「もう少し続けていればうまくいったんじゃないか」「マネタイズモデルを見直せば良かったのかも」という心残りがずっとありました。それは単に競合が伸びているからというだけではなく、それこそが「ITを使って社会貢献する」という、僕が本当にやりたいことだと思っていたからです。

 会社を閉じる前に、Qixilをやっている時からそれは上の人にも伝えていました。サイバーエージェントには「あした会議」という、経営陣を中心としたチームで、サイバーエージェントの「あした(未来)」につながる新規事業案や中長期での課題解決案を提案、決議する会議があります。

 そこに僕が参加させてもらった時にも「マッチングサービスをやりたい」という話をしました。

 代表の藤田をはじめ、担当役員は恐らくそのことを覚えていてくれたんだと思います。「今回の件で力もついただろうし、もう1回やってみないか?」と声を掛けてくれました。事業撤退してまだ3~4日しか経ってなかったと思います。だから正直、悩んでいるヒマさえなかったのです。

――とても動きが早いですね。でも、合田さんからすれば渡りに船ですから、すごく嬉しかったのでは?

 ただ、やはりもう同じメンバーではできないのだというのがあったから複雑でした。直前までやっていたQixilは親会社に譲渡という形になったので、当時のメンバーはバラバラになりました。またイチから僕一人でやるという不安と、メンバーに対する申し訳なさがあって、確か即答はできなかったんじゃないかな。

 でも、1社目の会社をつぶしてしまって、本当に申し訳ない気持ちがあったので、こうやってもう一度チャンスをもらえたことに対して、きちんと恩返しをしたいと覚悟を決めました。

 

着実な路線に“転向”、だが内なる炎は消えていない

――3度目の正直で立ち上げた「タップル誕生」はすごく順調ですね。過去の経験はどのように生きていますか?

 先ほど言ったように、以前の僕はとにかくまだ世の中にないものを作るという発想でいました。「Snapchat」や「TikTok」はそういう発想だからこそ生まれたサービスだと思います。ただ、今の僕にはそれはまだ難しいと分かった。そこで、以前とはちょっと考え方を変えました。今うまくいっているサービス、OmiaiやPairsをものすごく参考にして、成功パターンをしっかり研究した上で、それにオリジナルの要素を付け加えることで独自性を出していく方針に変えたのです。

――なるほど。でも、その“転向”は自分の中ですんなり受け入れられたのですか?

 いや、当初はまったく受け入れられませんでした(苦笑)。ただ、会社を1回つぶした経験が自分としてはものすごく大きかったので、次は絶対につぶさないという気持ちが勝りました。これまでのように斬新さを追求したり、自分が好きなことをやったりというよりも、経営を安定させるためにはどうしたらいいかを深く考えるようになりました。

 PitapatもQixilもユーザーからは一切お金をもらわず、「僕が作りたいものを作りました」だけで終わっていましたが、タップル誕生に関しては、きちんと月額4000円をいただける価値を提供しようと決めました。そのお金でさらにユーザーを獲得して、そこからさらに開発費とか、安全のためのカスタマーサポートとか、そうやってビジネスが循環するようなサービスを作ろうという意識が強くなっていったのです。

――そこには以前と同じような楽しさもあるのですか?

 最初は会社を安定させること、軌道に乗せることだけを考えていたというのが本音です。でも、タップル誕生をリリースしてから4年3カ月が経って、ようやく新しいチャレンジができるところまできたと感じています。この先は、元々やりたかった海外展開にも少しずつチャレンジしていきたいです。

 以前はいきなり海外ばかり見て失敗しましたけど、今回はちゃんと日本で事業の土台を固めてからと思ってやってきました。その準備がようやくできてきたのかな。まあ、こういうアプローチに変わったことで、周りからは「丸くなった」と言われたりしていますけど(笑)。

 

――ちょっと癪ですよね?

 まあ、そういう気持ちも少しはあります。丸くなったわけじゃないんだけどな、と。でも、内なる炎は持っているつもりです。

 サイバーエージェントはたくさん新規事業を立ち上げていますが、撤退のルールが明確に引かれているんですよ。期限までにこれだけ営業利益を出さないといけないなど。だから安定的に利益を生んでいかないことには、事業を継続させられないのです。

 でも、僕らは地道にやってきたおかげで、利益もそうですし、サービスに対する社内的な風向きもだいぶ変わってきました。それこそ、やり始めた当初は「出会い系」に対するイメージが良くなくて、「結婚しているからこの事業には行きたくないです」といった人も多かったです。今は「『タップル』をやりたいから」と言ってサイバーエージェントに入ってくる学生がいます。社内にも「『タップル』で結婚相手を見つけました」という人が何人もいます。そうやって結婚報告を受けるのは何より嬉しい瞬間ですね。

 

目的さえ握れていれば「勝手にやる」で構わない

――改めて振り返ってみて、失敗しても許され、次のチャンスをモノにできた理由はどこにあったと思いますか?

 最初に言ったように、僕は元々ビッグマウスで、その謙虚さが足りないところが失敗につながったわけです。でも一方で、次のチャンスをもらえたのも、大きなゴールを目指すことから逃げなかったからではないかなと思うのです。なおかつ、言うだけではなくて、コンテストに出るなど、自ら行動もしていました。「許された」のかは分からないですけど、「もう1回やってみないか?」と言ってもらえたのは、そこが評価されたのだと思います。

――とはいえ、勝手に会社を創ってしまうのはかなり大胆な行動だと思います。合田さんの行動力の源泉はどこにあるのでしょう?

 うーん、どうですかね。そこはあまり深掘りしたことがなかったな。ただ、言われてみれば僕は昔から行動するタイプではありましたね。高校時代にアメフト部、大学では社交ダンス部に入ったのも、他の人がやっていないからという理由でしたし。アルバイトも、マジックバーをやったり、芸能人やモデルのスカウトをやったり。好奇心がすごく強いというのと、人と同じことをやるのが嫌というのがあるかもしれません。

――なるほど。そういう行動力が、失敗しても信頼を失わない要因になっていた、と。

 後はその行動が目的にきちんと即していること、なおかつその目的を間違っていないことだと思っています。結局、一番上流にある目的さえブレていなかったら、勝手に行動しても怒られることはないと思うのです。僕の話で言えば、「IT、スマホのアプリでてっぺんを獲る」。そこに本気で向かっている限りは何をやっても怒られないはずですよ。

 

 

 でも、その目的がそもそも間違っていたら、最悪なことが起こるでしょうね。もちろんそんなことはしませんけど、例えばインターネットに関わらないサービスだったら……とか。だから、そこさえブレずにきちんと上司と目的が握れていたら、後はもう勝手にやってもいいと思います。そこで失敗して、怒られるかもしれないけど、きっと許してくれるのではないかな。

――指示を待つのではなく、むしろ「勝手にやっちゃう」ことが今すごく必要になっている?

 もちろん、いつも上司の言うことを無視していいわけではないでしょうし、一概には言えません。サイバーエージェントが特殊な会社だというのもあるかもしれない。僕だってこうは言っていても、やりたいことをやらせてもらうために必死に上を説得することもありますよ。

 でも、正解がない状況に限って言えば、それくらいの行動力が必要ではないでしょうか。僕が会社を立ち上げた2012年ごろは、スマホアプリに関して、サイバーエージェントの中にも、世の中にもまだ正解がなかったんですよね。「海外ではInstagramやFoursquareというのが流行っていて、どうやら5、6人のチームでやっているらしいぞ」といったことを断片的に聞くような状況でしたから。

 そういう意味だと、あのころの僕がいろいろ許してもらえたのは、正解なんて上司だって分からないんだから、「失敗してもいいからチャレンジしてみなよ」という、会社からのメッセージだったのではと今は思います。

 

(取材・文:鈴木陸夫、撮影:浅田よわ美、企画・編集:岡徳之<Livit>)

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス+プラス

パソコン・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも紙面が読める。アプリでサクサク。朝5時配信。まずは無料登録。

詳細はこちら