阪神の矢野氏「時間欲しい」

次期監督要請、態度保留

大阪空港に到着したプロ野球阪神の矢野燿大2軍監督(中央)=14日午前

 プロ野球阪神から次期監督就任を要請されている矢野燿大2軍監督が14日、秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」が行われている宮崎市から大阪に戻り、大阪空港で取材に応じ「いったん帰らせてもらって時間がちょっと欲しいということ」と態度を保留した。じっくり考えるのかという問いには「じっくりといっても時間がないから」と語った。

 今季ファームを日本一に導いた手腕を評価する球団は、揚塩健治球団社長が13日に宮崎市内のホテルを訪れ、約1時間半会談し次期監督の就任を要請した。会談後はともに取材対応はなく、球団を通じ「きょうは何もお伝えできない」とコメントしていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る