パナマ文書が題材の新作、Netflixが出資

スティーヴン・ソダーバーグ監督 - David M. Benett / Dave Benett / Getty Images for Studio Canal

 スティーヴン・ソダーバーグ監督がパナマ文書を題材に描く新作映画『ザ・ランドロマット(原題) / The Laundromat』で、Netflixが出資・配給を手掛けることになったとDeadlineが報じた。

【写真】出演が決まったデヴィッド・シュワイマー

 本作は、パナマの法律事務所から租税回避行為に関する文書が流出し、政治家や著名人などの脱税行為の真偽が問われた一件を取り上げた米国人ジャーナリスト、ジェイク・バーンスタインの著書を基に映画化した作品。当初Netflixは、本企画とは別に、ドイツのジャーナリストたちが発表したパナマ文書に関する著書を基に映画化する企画を進めていた。

 『ザ・ランドロマット(原題)』へのNetflixの出資により、劇場公開の形態は取らないことになるのかどうか、詳細は伝えられていない。

 本作には、ゲイリー・オールドマンメリル・ストリープアントニオ・バンデラスの出演がすでに決まっており、新たにテレビシリーズ「フレンズ」などのデヴィッド・シュワイマーの出演も決まったと報じられた。(鯨岡孝子)

©株式会社シネマトゥデイ