《女子ソフト日本リーグ》ビック完勝 誘電は9敗目

デンソー―ビックカメラ高崎 5回零封の好投で今季5勝目を挙げたビックの浜村=太田市運動公園野球場

 ソフトボール女子の日本リーグ1部の第9節太田大会が13日、太田市運動公園野球場で開幕し、ビックカメラ高崎はデンソーに14―0で完勝した。通算17勝2敗で首位タイ。14日は第2試合(午後1時開始)でSGホールディングスグループと対戦する。別会場の太陽誘電は豊田自動織機に0―2で敗れて通算10勝9敗。4位は変わらず。

デンソー(9勝10敗) 0000000―0 720014×―14 ビックカメラ高崎 (17勝2敗) 【デ】山口、クレイガー、八木―吉松【ビ】浜村、勝股、中野―我妻、降矢▽三塁打 降矢(ビ)▽二塁打 内藤、山本、我妻、市口、工藤(ビ)

豊田自動織機(12勝7敗) 0000002―2 0000000―0 太陽誘電(10勝9敗) 【豊】海部、リケッツ―永溝【太】藤田―青木▽本塁打 中森(豊)

◎猛攻14得点完封リレー ビック

 ビックカメラ高崎は先発全員安打の15安打14得点。投げては先発浜村ゆかりが5回、勝股美咲と中野花菜が1回ずつの完封リレーだった。決勝トーナメント進出圏内のデンソーに食い下がる隙を与えなかった。

©株式会社上毛新聞社