つばさを間近で見たよ 山形・鉄道の日に合わせイベント

 鉄道の日(14日)に合わせたJRのイベントが13日、山形市のJR山形駅と山形車両センターで開かれ、車両を間近に見たり、仕事に触れたりした。

 この日、山形新幹線つばさが山形駅と山形車両センターを3往復して参加者を送迎。普通電車の車掌体験では、子どもが「次は北山形」「新庄行きです」などと放送し、ドアの開閉にも挑戦した。

 線路点検車両「レールスター」への乗車、鉄道模型「Nゲージ」の運転体験、つばさと記念撮影するコーナーも。父と訪れた上山市のかしのき幼稚園年長の渡部悠希君(6)は「運転席に座って汽笛を鳴らした。新幹線は『はやぶさ』が好き」と目を輝かせていた。

©株式会社山形新聞社