「暮らすように街を楽しむ」 沖縄・北谷に新ホテル 2020年春開業へ

 ザ・テラスホテルズ(名護市、国場幸伸社長)とムーンホテルズアンドリゾーツ(恩納村、同)は11日、北谷町のフィッシャリーナ地区に建設する新規ホテルの共同事業「北谷ハーバーホテルプロジェクト(仮称)」に着手した。2020年春の開業予定。

 全88室。9階建てで、エヌプラスデザイン(那覇市、仲吉良暢社長)がデザインし、国場組(那覇市、玉城徹也社長)が施工する。敷地面積は3512平方メートル、延べ床面積は7939平方メートル。事業主はザ・テラスホテルズで、運営はムーンホテルズアンドリゾーツが担う。

 「暮らすように街を楽しむ」がコンセプトで、客室は50平方メートル以上の広さとなっており、中長期滞在に適している。ザ・テラスホテルズが16年に開業した「チャタンハーバーブルワリー&レストラン」や公共マリーナなどと連携し、マリンレジャーも楽しめる商品・施設造成を通して同地区の発展も目指す。

 

……………………………………………

地鎮祭でくわ入れをする(左から)国場組の国場幸一会長、ザ・テラスホテルズの国場幸伸社長、エヌプラスデザインの仲吉良暢社長=11日、北谷町(ザ・テラスホテルズ提供)

地鎮祭でくわ入れをする(左から)国場組の国場幸一会長、ザ・テラスホテルズの国場幸伸社長、エヌプラスデザインの仲吉良暢社長北谷町(ザ・テラスホテルズ提供)

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス+プラス

パソコン・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも紙面が読める。アプリでサクサク。朝5時配信。まずは無料登録。

詳細はこちら