<楽天>岸、初の最優秀防御率 則本は5年連続奪三振王

 プロ野球は13日、セ、パ両リーグの1試合ずつが行われてレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。パは則本(東北楽天)が187三振で、67~72年に6年連続をマークした鈴木(近鉄)と江夏(阪神)以来となる5年連続での奪三振王を獲得。3年目の多和田(西武、富士大出)が16勝で初タイトルとなる最多勝、岸(東北楽天)が防御率2.72で初の最優秀防御率に輝いた。

◎セは菅野3冠、大瀬良2冠

 セは菅野(巨人)が15勝、防御率2.14、200奪三振で投手の主要3部門でタイトルを獲得した。最優秀防御率は3年連続での獲得で1956~58年の稲尾(西鉄=現西武)以来2人目。大瀬良(広島)は最多勝と6割8分2厘で勝率第1位の2冠に輝いた。

 打撃部門は、セはビシエド(中日)が打率3割4分8厘と178安打で首位打者と最多安打を獲得。来日1年目のソト(DeNA)が41本で本塁打王、バレンティン(ヤクルト)が131で初の打点王となった。

 パは柳田(ソフトバンク)が打率3割5分2厘で3年ぶり2度目の首位打者となり、4割3分1厘で4年連続4度目の最高出塁率も手にした。西武勢は、山川(富士大出)が47本塁打で初の本塁打王、浅村が127打点で2度目の打点王、秋山(八戸大出)が195安打で3度目の最多安打を獲得した。

<来年も続けて取る/最優秀防御率・岸(東北楽天)の話>

 いつかは取りたいと思っていたタイトルなので率直にうれしい。嶋のミットを目がけて投げてきた結果。来年も続けて取れるように頑張りたい。悔しいシーズンだったが来年はとにかく勝って東北のファンを喜ばせたい。

<勝ちにつなげたい/最多奪三振・則本(東北楽天)の話>

 苦しく長いシーズンだった。その中、5年連続で取れたことは光栄で、うれしく思う。ただ、奪三振をチームの勝利につなげられなかったのは悔しい。来年は勝ちにつながる奪三振を重ね、結果的に6年連続で取れたらいい。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社