街なかをキックバイクで疾走

宇都宮、2~6歳の120人挑戦

©株式会社下野新聞社

キックバイクで競い合う子どもたち

 【宇都宮】ジャパンカップキックバイク大会(ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会主催、キッズコーポレーション特別協賛)が13日、オリオンスクエアとオリオン通りで開かれ、ジャパンカップ開催を控え盛り上がる街なかを、子どもたちが元気に駆け抜けた。

 子どもから大人まで全ての世代で自転車の祭典を体感し盛り上げるために開催し、今年で2回目。100~160メートルのコースを設け、2~6歳児約120人が挑戦した。

 子どもたちは、愛車にまたがり勢いよく地面を蹴ってスピードを上げ、上手にコーナーを回り順位を競った。家族や買い物客らは、子どもたちに温かな声援と大きな拍手を送っていた。

 3歳男子の部で優勝した城東2丁目、幼稚園児古館一真(ふるだてかずま)ちゃんは「金メダルがもらえてうれしい」と笑顔で話していた。