【高校野球】秋季東北大会が開幕 酒田南、延長競り勝つ

 第71回秋季東北地区高校野球大会は13日、秋田市を会場に開幕し、同市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で1、2回戦の4試合が行われた。県勢は2回戦で第1代表の酒田南が延長戦の末に日大東北(福島第2)を4—1で下した。第3代表の山形城北は盛岡大付(岩手第1)に2—8で敗れた。

 酒南は三回、敵失に乗じて1点を先制したが、打線のつながりを欠く中で九回に同点に追い付かれた。延長十二回、2死満塁の好機で2番吉嶋楽人が適時打を放ち、さらに敵失の間に一、二走がかえり勝ち越しの3点を挙げた。城北は二回に5点、三回にも1点を奪われて主導権を握られると、追い上げも及ばず逃げ切られた。

 第2日の14日は両球場で2回戦6試合が行われ、県勢は第2代表の羽黒が横手(秋田第2)と対戦する。

©株式会社山形新聞社