大崎・古川で車両焼ける 連続不審火と関連か

 13日午前4時半ごろ、宮城県大崎市古川稲葉1丁目の空き地に駐車していた乗用車から出火、運転席のシートなどが焼けた。古川署によると、出火当時、運転者の無職男性(46)=山形県山辺町=は近くのコンビニにいて、運転席の窓が一部開いていたという。

 同署は放火の可能性もあるとみて、付近で4日から3件発生している連続火災との関連についても調べている。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社