「もし私が日本人なら、私も中国を侵略した」=ライブ配信がネットで拡散・炎上―中国

2018年10月13日、中国のネット上のライブ配信で、ある男性ユーザーが「もし私が日本人だったら、当時、同じように中国を侵略していた」と発言し炎上する騒ぎとなっている。環球網など、複数の中国メディアや微博(ウェイボー)アカウントが伝えている。

報道によると、同ユーザーは中国のライブ配信大手の「斗魚」で「B総001」の名前で配信を行っており、配信の中で「進化論から見れば、中国人の進化は確かに日韓の進化ほど優れてはいない」「もし私が当時日本人なら、私も中国侵略を選択しただろう。後れている者は打たれるのだから」などと発言。この様子の動画が微博などで拡散した。

この件について環球網の記者が「斗魚」に取材すると、「すでに規約違反を確認し、当該ユーザーの配信を停止した」と説明。一方で、違反の詳細については「ユーザー個人のプライバシーにかかわる」として明らかにしていないという。

ネットユーザーからは、「それでも中国人か」「弱いのだから侵略されてもいいというのは、まさに強盗のロジック」「そもそも進化論ってそういうもの?」「ライブ配信の基準を引き上げるべき。頭のおかしな人間にさせてはいけない」など、当該ユーザーを非難するコメントが多数上がっている。(翻訳・編集/北田)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る