王岐山氏、清華大学経済管理学院顧問委員と会見 改革深化・開放拡大強調

©新華社

王岐山氏、清華大学経済管理学院顧問委員と会見 改革深化·開放拡大強調

中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は12日、北京の中南海で清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員、中国側企業家委員と会見した。(北京=新華社記者/燕雁)

 【新華社北京10月14日】中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は12日、北京の中南海で清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員、中国側企業家委員と会見した。

 王岐山氏は次のように述べた。中華民族の偉大な復興には深く厚い歴史文化の蓄積があり、中国の特色ある社会主義は新時代に入った。現在、世界各国の運命は緊密に結びついており、中国は揺るぎなく改革を深め、開放を拡大し、各国人民との交流・協力の中で互いの歴史と現実に対する理解を絶えず増進し、相互信頼を深め、互いに学び合い、参考にし合い、協力を強化し、人類が直面しているリスクと挑戦(試練)に手を携えて対応する。中国経済は高速発展から質の高い発展の実現へと転換しており、委員らが引き続き中国の経済建設に積極的に参加し、見守り、中国と世界の各分野の交流・協力を推進するため貢献することを希望する。

 顧問委主任のジム・ブレイヤー氏らは次のように表明した。中国と世界の利益が深く融合し、互いの理解、信頼、尊重の基礎がますます堅固になっており、引き続き中国の経済発展と教育事業のため積極的に努力したい。

 会見に孫春蘭氏らが同席した。