【卓球】張本・平野チーム、韓国に圧勝 全勝で決勝T進出<ユース五輪2018 7日目結果>

©株式会社ピンポン

*写真は平野美宇(日本生命・左)、張本智和(JOCエリートアカデミー)

<第3回ユースオリンピック競技大会(アルゼンチン・ブエノスアイレス) 2018年10月6日~10月18日>

13日、ユースオリンピック競技大会卓球競技は7日目を迎え、混合団体予選リーグ最終戦が行われた。混合団体は男女1名ずつで構成されるチーム戦で、1番手が女子シングルス、2番手が男子シングルス、3番手が混合ダブルスとなっている。

日本代表として、張本智和(10月度男子世界ランキング8位・15歳)=JOCエリートアカデミー=、平野美宇(10月度女子世界ランキング9位・18歳)=日本生命=が出場。予選最終戦の相手は、韓国であった。

平野が1番手でCHOI Haeeun(同686位・16歳)=韓国=に、張本がCHO Daeseong(同196位・16歳)=韓国=それぞれストレートで勝利し、世界トップクラスの実力を発揮。しかし3番手のダブルスではやや競る展開になる。ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲームのデュース戦をものにし、最後はゲームカウント3-1で勝利し、予選最終戦を締めくくった。

シニアでは日本男子が世界卓球2018(団体戦)準々決勝で敗れるなど、強敵である韓国だが、ジュニア世代は日本が大幅に力の差を見せつける結果となった。

決勝トーナメントは14日10時(日本時間14日22時)からベラルーシ/ギリシャペアと対戦予定となっている。決勝にて中国にリベンジを果たすまで、負けられない戦いが続く。

ユース五輪2018 7日目の結果

混合団体 予選 日本 3-0 韓国

平野美宇 3-0 CHOI Haeeun(韓国)
11-4/11-6/11-2

張本智和 3-0 CHO Daeseong(韓国)
11-4/11-8/11-8

張本智和/平野美宇 3-1 CHO Daeseong/CHOI Haeeun(韓国)
11-9/9-11/12-10/11-9

文:ラリーズ編集部
写真:ittfworld