秋色に染まる「好地方」営林場 山西省沁源県

秋色に染まる「好地方」営林場 山西省沁源県

8日、小型無人機から撮影した好地方営林場を走り抜ける自動車。(沁源=新華社記者/陶明)

 【新華社沁源10月14日】中国山西省長治市沁源県にある好地方営林場は秋を迎え、一面の黄金色に変わった。四方を見渡すと、山々に囲まれた大地の起伏がどこまでも続き、まるで金の山のようだ。

 好地方営林場は1962年に造林を開始、山地でダフリアカラマツの苗を育てる様々な難関を乗り越え、20年で2万9千ムー(約1933ヘクタール)以上のダフリアカラマツの人工林を作り上げた。現在、好地方営林場の森林率は98%以上で「草木が生い茂り、珍しい花々が咲き乱れる」天然の「酸素バー」となっている。

 沁源県全体の森林面積は現在220万ムー(約14万6667ヘクタール)、天然の牧草地は120万ムー(8万ヘクタール)で、森林率は56.7%に達し、山西省で最も高い。同県は全国天然林保護重点県で、「アブラマツの里」でもある。

秋色に染まる「好地方」営林場 山西省沁源県

8日、小型無人機から撮影した牛を追いながら好地方営林場の並木道を歩く村民。(沁源=新華社記者/陶明)

秋色に染まる「好地方」営林場 山西省沁源県

8日、小型無人機から撮影した空から見た好地方営林場の秋の景色。(沁源=新華社記者/陶明)

秋色に染まる「好地方」営林場 山西省沁源県

10日、小型無人機から撮影した朝日に照らされた好地方営林場。(沁源=新華社記者/陶明)

Follow

新華社通信

on

©新華社