「ツバ吐き写真」が拡散…19歳逸材、U-20代表から締め出される

©株式会社コリー

欧州8か国のU-20代表チームが競う大会『U-20エリートリーグ』。そのドイツ対オランダ戦で問題が起きた。

U-20オランダ代表DFジョーダン・テゼが相手選手に唾を吐きかけていたのだ。ドイツのキャプテンであるサリフ・エズジャンの顔にはその証拠が…。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ドイツ選手たちはこれに抗議したものの、主審は気付かなかったのか、試合中にカードが提示されることはなかった。

だが、『Bild』などドイツメディアの報道によってこの件が拡散。

1-1で終わった試合後にオランダサッカー協会(KNVB)は、「相手があるスポーツマンとして最低の振る舞い。非常に悪い例であり、容認できない」としてテゼをU-20代表から即刻除外した。一時的に代表から追放されることになったようだ。

テゼはPSVに所属する19歳のDF。『FOX Sports』によれば、エズジャンとは試合中にやり合いになっていたというが、この件については後悔していたという。

その後、彼はSNS上で以下のように謝罪した。

ジョーダン・テゼ

「昨日のドイツ戦で自分は過ちを犯した。

KNVBによる出場停止は正当だ。謝罪して、この結果を受け入れる。

こういうことは2度と起こさない。

自分がこの愚かな過ちから学んだことを示すことができるよう、またすぐにオランイェでプレーすることを願っている」