<速報>石川遼がトータル2アンダーでホールアウト 単独首位は稲森佑貴がキープ

石川遼が日本オープン最終ラウンドを終了(撮影:村上航)

<日本オープン 最終日◇14日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

国内最強ゴルファーの称号をかけた「日本オープン」最終日。トータルイーブンパー・35位タイから出た石川遼が、トータル2アンダーでホールアウトしている。

石川はこの日を1イーグル・4バーディ・4ボギーの「69」でラウンド。最終18番では約10mのバーディパットがわずかに逸れて入らず。ギャラリーからは声援とため息が漏れ、パーで4日間を締めくくった。

現在単独首位には、トータル10アンダーの稲森佑貴が立っている。1打差・2位にはショーン・ノリス(南アフリカ)、2打差・3位タイには岩田寛、竹安俊也、嘉数光倫が続いている。

アマチュア勢のトップに立っているのは、先週の「アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権」で優勝した金谷拓実(東北福祉大2年)。トータル2アンダー・24位タイでプレー中となっている。

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社