後のない日本ハム、横尾のポール直撃ソロで先制 CSパ第2戦

日本ハム・横尾が先制ソロを放つ【画像提供:(C)PTV】

千賀が投じたスライダーを左翼へと運ぶ

■ソフトバンク – 日本ハム(14日・ヤフオクドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクと3位の日本ハムが対戦する「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージは14日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで第2戦が行われた。初戦にソフトバンクが勝利しファイナルステージ進出に王手をかけて迎えた第2戦、先制したのは日本ハムだった。

 両チーム無得点で迎えた3回。1死で打席に入った7番・横尾が値千金の一発を放った。1ボールからの2球目、ソフトバンク千賀のスライダーを捉えた打球は左翼線へと高々と舞い上がった。そのまま打球は左翼ポールを直撃し、スタンドへ。先制のソロ本塁打となった。

 初戦、先発の上沢の乱調で初回から5点を失って敗れた日本ハム。後がなくなって迎えた第2戦だったが、上々の立ち上がりを見せた先発のマルティネスを、まず横尾の一振りで援護した。(Full-Count編集部)

©株式会社Creative2