1位のダントツさが…プレミアリーグ「歴代監督勝率ランキング」をみる

©株式会社コリー

『FourFourTwo』は8日、「イングランド・プレミアリーグで最も勝率が高かった40名の監督は?」という記事を掲載した。

1992年にスタートしたプレミアリーグ。25年の間に多くの監督がチームの指揮を執ってきた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

その中で最も勝率が高かった40名の指揮官、そして最も勝ちを重ねてきた最高の監督とは誰か?なお、15試合以上指揮した人物のみが対象となっているとのこと。

38位:ハリー・レドナップ(ウェストハム、ポーツマス、サウサンプトン、トッテナム、QPR)

勝率:37%

38位:マルティン・ヨル(トッテナム、フラム)

勝率:37%

38位:ブライアン・リトル(レスター、アストン・ヴィラ)

勝率:37%

35位:ハビ・ガルシア(ワトフォード)

勝率:38%

35位:レイ・ハーフォード(ブラックバーン)

勝率:38%

35位:クレイグ・シェイクスピア(レスター・シティ)

勝率:38%

28位:マイク・ウォーカー(ノリッジ、エヴァートン)

勝率:39%

28位:ルート・フリット(チェルシー、ニューカッスル)

勝率:39%

28位:スヴェン=ゴラン・エリクソン(マンチェスター・シティ)

勝率:39%

28位:フランク・クラーク(ノッティンガム・フォレスト)

勝率:39%

28位:デイヴィッド・モイーズ(エヴァートン、マンチェスター・ユナイテッド、ウェストハム)

勝率:39%

28位:ロベルト・ディ・マッテオ(チェルシー)

勝率:39%

28位:ジョン・グレゴリー(アストン・ヴィラ、ダービー・カウンティ)

勝率:39%

27位:ティム・シャーウッド(トッテナム、アストン・ヴィラ)

勝率:42%

25位:ケヴィン・キーガン(ニューカッスル、マンチェスター・シティ)

勝率:43%

25位:デイヴィッド・オレアリー(リーズ、アストン・ヴィラ)

勝率:43%

24位:ボビー・ロブソン(ニューカッスル)

勝率:44%

22位:ロナルト・クーマン(サウサンプトン、エヴァートン)

勝率:45%

22位:ブルース・リオック(アーセナル)

勝率:45%

20位:ブレンダン・ロジャーズ(スウォンジー、リヴァプール)

勝率:47%

20位:ジェラール・ウリエ(リヴァプール)

勝率:47%

17位:ケニー・ダルグリッシュ(ブラックバーン、ニューカッスル、リヴァプール)

勝率:48%

17位:ロイ・エヴァンズ(リヴァプール)

勝率:48%

17位:ジャンルカ・ヴィアッリ(チェルシー)

勝率:48%

15位:クラウディオ・ラニエリ(チェルシー、レスター・シティ)

勝率:50%

15位:ラファエル・ベニテス(リヴァプール、チェルシー、ニューカッスル)

勝率:50%

14位:ルイス・ファン・ハール(マンチェスター・ユナイテッド)

勝率:51%

12位:アンドレ・ヴィラス=ボアス(チェルシー、トッテナム)

勝率:52%

12位:マウリシオ・ポチェッティーノ(サウサンプトン、トッテナム)

勝率:52%

11位:フース・ヒディンク(チェルシー)

勝率:53%

10位:ユルゲン・クロップ(リヴァプール)

勝率:55%

9位:ルイス・フェリペ・スコラーリ(チェルシー)

勝率:56%

8位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)

勝率:57%

7位:マヌエル・ペジェグリーニ(マンチェスター・シティ、ウェストハム)

勝率:60%

6位:ロベルト・マンチーニ(マンチェスター・シティ)

勝率:62%

4位:カルロ・アンチェロッティ(チェルシー)

勝率:63%

4位:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド)

勝率:63%

3位:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・ユナイテッド)

勝率:65%

2位:アントニオ・コンテ(チェルシー)

勝率:67%

1位:ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)

勝率:73%