政府与党、災害補正予算案を了承

首相、午後に消費増税表明へ

©一般社団法人共同通信社

政府与党政策懇談会に出席した安倍首相=15日午前、首相官邸

 政府、与党は15日午前の政策懇談会で、続発した災害からの復旧・復興費など約9400億円の追加歳出を計上した2018年度第1次補正予算案を了承した。午後の臨時閣議で決定する。安倍晋三首相は閣議で、消費税率を予定通り来年10月に10%へ引き上げると表明し、景気対策の具体化や軽減税率制度への準備加速を指示する意向だ。

 出席した首相は「この夏は自然災害が相次ぎ、甚大な被害をもたらした。補正予算は臨時国会へ速やかに提出し、一日も早い成立を図りたい」と述べた。参加者によると、懇談会では消費税増税に言及しなかった。