北海道は不安定、寒気の影響も 週末は全国的秋晴れ

©株式会社ウェザーマップ

15日(月)と16日(火)夕方の発雷確率

 きょう15日の北海道は、気圧の谷の影響で大気の状態が不安定になっている。午前8時20分には、室蘭地方気象台から、胆振地方や日高地方で竜巻などの激しい突風の発生したとみられると発表があった。北海道はあす16日(火)にかけて、大気の状態が非常に不安定となるため、引き続き竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

18日(木)朝の予想天気分布図

北海道 不安定、気温降下

 北海道は15日夕方にかけて上空に寒気を伴った気圧の谷が通過し、その後16日にかけて寒冷前線が通過する影響で、大気の非常に不安定な状態が続く見込み。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨のおそれがあるため、屋外での活動や農作物の管理などに注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど安全の確保に努める必要がある。
 また、前線の通過後は上空に寒気が流れ込み、16日から18日(木)頃にかけては、標高の高い峠や山間部を中心に雪が降り、積雪となる見込み。車で峠越えする際は、積雪や路面の凍結による交通障害に注意が必要だ。

週間天気予報(数字は予想最高気温)

西日本中心に秋晴れ

 今週は関東や北陸、山陰などで、19日(金)頃にかけて雲が広がりやすい見通し。一方、西日本の太平洋側は秋晴れの日が多く、快適な陽気が続くが、朝晩は内陸を中心に冷え込みそうだ。北日本は寒気の影響で日本海側を中心に雲が多いものの、週末はこの方面を含めて全国的に晴れて行楽日和となる見込み。(気象予報士・高橋 和也)