大船渡市農協で4200万円横領 男性職員行方不明

©株式会社岩手日報社

職員による横領を発表し頭を下げて陳謝する菊池司組合長(左から3人目)ら=15日午後3時3分、大船渡市・大船渡市農協猪川支店

 大船渡市農協(本店・大船渡市、菊池司組合長、正組合員6376人)は15日、職員の横領とみられる約4200万円の使途不明金が発覚したと発表した。同農協は行方不明となっている農産園芸課所属監理役の男性職員(55)が横領したとみて、刑事告訴も含めて検討中。横領した資金は東日本大震災被災地の農業振興に充てられるはずのもので、地元の農業者からは不信の声も上がる。

 同農協は同市猪川町の同農協猪川支店で記者会見を開き、菊池組合長は「チェック機能の甘さがあった。皆さまの気持ちを踏みにじる不祥事は遺憾の極み」と涙ながらに謝罪した。

 同農協によると、職員は9月中旬に失踪。職員の名で家族に着服を認め、謝罪の意を示す手紙が送られてきた。