広島・平和記念公園に落書き

器物損壊疑いで捜査

©一般社団法人共同通信社

広島・平和記念公園内のベンチに書かれた落書き=15日(広島市提供)

 原爆ドームのある広島市中区の平和記念公園で、ベンチなど3カ所に落書きされているのが見つかったことが16日、分かった。広島中央署が器物損壊の疑いで捜査を始めた。

 落書きがあったのは、原爆ドーム近くにある石のベンチの他、「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」付近のごみ集積所、免震工事中の原爆資料館本館を囲っているフェンス。数字や英語のアルファベットのような文字が黒いスプレーのようなもので書かれていた。意味は不明という。

 広島市によると、15日早朝に公園の警備員が発見し、市に連絡。14日午後10時ごろに警備員が巡回した際にはなかった。落書きは市の依頼を受けた業者が消した。