ダイコン、台風塩害で高値水準に

農水省の10月後半価格見通し

©一般社団法人共同通信社

スーパーの野菜売り場=9月、東京都練馬区

 農林水産省は16日、10月後半の主な野菜14品目の価格見通しを発表した。台風24号に伴う塩害が響いて生育悪化が想定されるダイコンやキャベツをはじめ10品目で平年と比べて高値の水準で推移すると見込んだ。

 高値で推移するとした10品目はニンジン、ハクサイ、ホウレンソウ、ネギ、レタスなど。キュウリ、ピーマンなど4品目は平年並みと予想した。

 13日時点の東京都中央卸売市場の卸売価格はダイコンはほぼ平年並み、キャベツは約3割安だが、高値圏に転じる見通し。これらは主産地の千葉県で塩害が発生し、生育低下が見込まれるとした。