ブームに乗ってバンクシーの作品を自ら切り刻み

4万ポンドの作品が取り返しのつかないことに……

©英国ニュースダイジェスト

ロンドンのオークション・ハウス、サザビーズで、覆面アーティストのバンクシーによる作品の一部が、落札直後にシュレッダーで裁断された仕掛けに、会場一同が驚いた事件はご存知の方も多いはず。

その後、落札者がこれを作品として購入したことで、作品としての価値は落ちることはなかった。しかし、このニュースを知ったある人物が、以前購入したバンクシーの作品で同じ行為を行い価値を鑑定してもらった結果、なんと1ポンド(約148円)を下回ったそう。「メトロ」紙が伝えた。

この持ち主は、話題の作品と同じ、赤い風船と子供のプリントを、カッターを使って自ら細かく裁断し、8万ポンド(約1176万円)で売却するつもりだったという。

既に4万ポンド(約588万円)の価値があった作品を切り刻んだことについて、鑑定者は「作品破壊だ」と酷評したそうだ。