富士フィルムの買収差し止め破棄

米ゼロックスと協議継続

©一般社団法人共同通信社

富士フイルムホールディングスの本社が入るビル=東京都港区

 富士フイルムホールディングスは17日、米ニューヨーク州高裁が、同社による米事務機器大手ゼロックスの買収差し止めの仮処分を破棄したと発表した。決定は16日付。富士フイルムは買収実現に向け、ゼロックス側と協議を続ける方針だ。

 ただ、ゼロックスの取締役会の大半は買収反対派が占めており、暗礁に乗り上げている交渉が進展するかは見通せない。富士フイルムは現時点で、ゼロックスの一部株主が要求していた買収条件の変更には応じない意向だ。

 富士フイルムは1月末に買収計画を公表。米裁判所は4月、買収に反対するゼロックス大株主の主張を認め、買収を差し止めた。