全国的に晴れて平年並みの気温も 鳥取や島根で雷雨に注意

©株式会社ウェザーマップ

18日の各地の天気予報。

 きょうの日中は全国的には日差しの出る所が多い。ただ、鳥取や島根では断続的に雨が降り、雷を伴う所がある見込み。また、曇り空が続いている関東や東海は午後を中心に雲が広がり、雨の降る所もありそうだ。最高気温は全国的に平年並みとなる予想。

鳥取・島根などで大気不安定

18日夜遅くの発雷確率。

  きょうは西日本や東北を中心に晴れるところが多い。ただ、日本海の西部には湿った空気が集中することによって出来る帯状の発達した雨雲がみられ、その先端部がかかる鳥取や島根では、きょうは断続的に雨となる見込み。場所によっては雷を伴って急に雨が強まる予想で、竜巻などの突風や雹(ひょう)にも注意が必要だ。

 また、北海道でも旭川や稚内などで午前中を中心に雨の降る所があり、標高の高い所では雪が降る見込み。峠などでは既に積雪も報告されているため、車の運転などには十分注意が必要だ。

関東・東海の曇天続く

13日~17日までの日照時間 5日間合計(平年比、%) 出典=気象庁ホームページ

 関東南部や東海では先週から曇り空が続いている。この時季は秋雨前線等の影響で例年日照時間は短い傾向にあるが、そんな平年値と比べても3割程度の日照時間とさらに短い状態が続いている。

 きょうは午前中を中心に薄日が差すものの、昼過ぎからは再び雲が広がる見込み。お洗濯で外干しする場合は早めに済ませた方がよさそうだ。また、夕方以降は雨も降りやすくなるため傘を持って出かけたい。関東・東海で本格的に日差しが戻るのは日曜日頃となる見込み。

日中の気温は各地とも平年並み

18日朝からの時系列天気予報。(18日5時、気象庁発表)

 西日本の最高気温は23℃前後の予想で、九州南部や四国の一部では25℃を超えて夏日となる見込み。東日本は20℃前後、北日本は15℃前後で全国的に平年並みの気温となる予想。
 ただ、日没時間も早まってきたため、お帰りの際は日中に比べ5℃以上、翌朝は10℃以上気温が下がっている所も多くなりそうだ。調節しやすい服装をおすすめしたい。(気象予報士・野口琢矢)