元NHK記者、二審も懲役21年

©一般社団法人共同通信社

 山梨、山形両県での女性3人に対する強姦致傷などの罪に問われた元NHK記者弦本康孝被告(30)の控訴審判決で、仙台高裁は18日、懲役21年とした一審山形地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。