鷹、獅子両先発が大炎上 ミランダ2回7失点KO、多和田も3回5失点

©株式会社Creative2

先発したソフトバンクのアリエル・ミランダ【写真:福谷佑介】

ミランダは中4日で強行先発も栗山、浅村に3ランを食らう

■西武 – ソフトバンク(18日・メットライフ)

 ソフトバンクのアリエル・ミランダ投手が、獅子打線の前に大炎上し、痛恨の2回でノックアウトされた。「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージは18日、西武の本拠地メットライフドームで第2戦が行われた。初戦に勝利したソフトバンクは中4日で左腕のミランダを先発マウンドに送ったが、大炎上した。

 CSファーストステージの第1戦で先発していたミランダだったが、中4日で上がったマウンドで獅子打線の餌食になった。初回2死一、二塁で栗山に3ランを被弾し、3点を先制された。その直後に味方打線が反撃して試合を振り出しに戻したが、その裏に再び西武の猛攻を食らった。

 先頭の森に中前安打を許すと、1死から金子侑には遊撃への内野安打。2死一、二塁から源田に一、二塁間を抜ける右前適時打を許し、あっさりと勝ち越しを許した。さらに、続く浅村には3ボール1ストライクからの5球目を左翼スタンドに運ばれて3ラン。2イニング連続で大量点を失い、2回6安打7失点で降板となった。

 今季のパ・リーグ最多勝の西武先発の多和田も2回に3点を失うと、3回にはグラシアル、柳田、でスパイネに3連続四球を与え、中村晃には右越えの適時二塁打を浴びた。同点の危機は凌いだものの、3回5安打5失点と、こちらも不安定な投球となっている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)