巨人マギーが均衡破る一打 6回2死から右中間へタイムリー二塁打

©株式会社Creative2

広島対巨人の試合経過

好投のジョンソンから6回に2安打を集め先制

■広島 – 巨人(18日・マツダスタジアム)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、マツダスタジアムで行われ、初戦を落とした巨人が6回にマギーのタイムリーで先制した。

 広島ジョンソン、巨人田口の両左腕の好投で5回を終え無得点と投手戦が続く。それでも巨人は6回。1死から坂本勇がチーム初安打となる中前打で出塁。2死二塁からマギーが右中間へタイムリー二塁打を放ち先制に成功した。

 巨人の岡本は第3打席で快音が響かずCSファーストステージから合わせて14打数無安打となった。(Full-Count編集部)