退団の可能性大?ポグバの代わりになれる選手5選

©フットボール・トライブ株式会社

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは指揮官ジョゼ・モウリーニョとの確執により、どちらかがクラブを去ることになるだろうという見方が強い。獲得に興味を示しているのは古巣ユベントスとバルセロナと報じられている。そこで今回は、ポグバがユナイテッドを去った場合に代わりになれる新戦力候補をご紹介する。


フレンキー・デ・ヨング

クラブ:アヤックス・アムステルダム

高い攻撃能力で、ビッグクラブからの注目を集めるデ・ヨング。スピードとテクニックの両方を兼ね備え、中盤のあらゆるポジションをこなす同選手であれば、ポグバの代わりになれるはずだ。同選手はバルセロナへのあこがれを語り、バルセロナも同選手への興味を隠していない。しかし、資本主義の世界ではそれだけで移籍が決まるわけではない。ユナイテッドにも獲得のチャンスはあるだろう。


トニ・クロース

クラブ:レアル・マドリード

世界を代表するMFの1人であるクロースは、今夏の移籍市場でユナイテッド行きがうわさされたものの、実現することはなかった。ただ、彼の年齢を考えても、中盤の若返りを図りたいマドリードの放出候補の1人となるだろう。現在は、組み立てでの貢献度が高いクロースだが、本人は攻撃的な位置でのプレーを求めているとも報じられている。ユナイテッドであれば、それは可能だろう。


イバン・ラキティッチ

クラブ:バルセロナ

現在のバルセロナで最も欠かせない選手の1人であるラキティッチ。モウリーニョはポグバをバルセロナに放出するなら、ラキティッチの獲得が必要と示唆するコメントを残している。パススキル、献身性、ポジショニングで目立たないところでチームを支えることのできる同選手であれば、ユナイテッドの攻撃を底上げすることができるだろう。


アーロン・ラムジー

クラブ:アーセナル

今シーズン限りでアーセナルとの契約を満了し、契約の延長も行わないことになっているラムジー。来夏にユナイテッドやリバプールへの移籍がうわさされている。ボックス・トゥ・ボックスなプレースタイルはポグバの代わりに最適だろう。ピッチを広くカバーし、攻撃時には瞬間的な閃きから決定機を演出してくれるはずだ。


セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ

クラブ:ラツィオ

世界中のビッグクラブから注目を集め、高さ、強さ、巧さを兼ね備えるミリンコビッチ=サビッチはモウリーニョの大好物ともいえる選手だろう。ポグバのダイナミックさや、スケール感と比較して遜色はない。モウリーニョもセルビア代表の試合を視察するなど、同選手への興味を隠そうとはしていない。ラツィオが設定する移籍金だけがネックになりそうだが、ユナイテッドの経済力をもってすれば、獲得は可能なはずだ。