広島新井の同点打&菊池V3ランでCS突破王手! 8回2死から一挙4点奪い逆転勝ち

©株式会社Creative2

広島対巨人の試合経過

8回2死から新井の同点タイムリーに菊池が決勝の1号3ラン

■広島 4-1 巨人(18日・マツダスタジアム)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が18日、マツダスタジアムで行われ、広島が4-1の逆転勝ちで巨人を下し2連勝。アドバンテージを合わせ3勝とし日本シリーズ進出に王手をかけた。

 広島ジョンソン、巨人田口の両左腕の好投が続き5回を終え無得点。投手戦の様子が漂う中、先制したのは巨人だった。1死から坂本勇がチーム初安打となる中前打で出塁すると2死二塁とチャンスを作り、マギーが右中間へタイムリー二塁打を放ち先制に成功した。

 敗戦ムードが漂う中、広島は8回に反撃に出る。2死から松山が四球で出塁すると、続く代打・新井が左翼線へタイムリー二塁打を放ち同点。さらに一、二塁とチャンスを広げると菊池が左中間へ1号3ランを放ちこの回一挙4点を奪い逆転に成功した。

 9回は守護神・中崎が1死一、二塁のピンチを招いたが代打・阿部を右飛、亀井を二ゴロに抑え逃げ切った。(Full-Count編集部)