東京円、112円台前半

©一般社団法人共同通信社

 19日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前日比29銭円高ドル安の1ドル=112円32~33銭。ユーロは97銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円69~70銭。

 前日の米株価下落を受けて、投資家のリスク回避の姿勢が強まり、安全資産とされる円を買い、ドルを売る動きが優勢となった。

 市場では「米国とサウジアラビアの関係悪化も投資家心理を冷やしている」(外為ブローカー)との声が出ていた。