バレー日本女子、米国に敗れ6位

世界選手権第14日

©一般社団法人共同通信社

日本―米国 第3セット、交錯する小幡(左)と田代=横浜アリーナ

 バレーボール女子の世界選手権第14日は19日、横浜アリーナで行われ、5、6位決定戦で世界ランキング6位の日本は同2位の米国に1―3で敗れ、6位で終えた。

 日本は第1セット、勝負どころでミスが出て23―25で落とし、第2セットはサーブレシーブが乱れ16―25で失った。第3セットは古賀(NEC)や新鍋(久光製薬)の攻撃が決まり25―23で奪ったが、第4セットは23―25で競り負けた。

 準決勝は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのセルビアが3―1でオランダに勝ち、初の決勝進出。イタリアは中国を3―2で下し、4大会ぶりに決勝に進んだ。