西武今井が王手を懸けてCS初先発、強力鷹打線に「初回から、全力でいければ」

©株式会社Creative2

西武・今井達也【写真:荒川祐史】

9月29日のホークス戦では好投も勝てず「リベンジできれば」

 16安打15失点。投手陣の大乱調で19日の第3戦を落としたリーグ覇者・西武。対戦成績を2勝2敗(アドバンテージの1勝を含む)とされて臨む20日の第4戦は、2年目右腕の今井達也投手が先発マウンドに上がる。

 前日19日にブルペンで調整を行った今井は、「ここまでの戦いでは、やはり打力が目立っているいう印象があります」と強力打線を警戒する。「特にイニングの先頭バッターをランナーに出してしまうと抑えることは難しくなると思う。高めに浮いてしまうと、特に真っ直ぐはスタンドに持って行かれるので、1番から9番まで低めを意識して投げたい。ただ、低めを意識しすぎると、腕が振れなくなることもあるので、低めを意識しつつ、腕をしっかり振れるようなピッチングをしたい」と、ピッチングのイメージを語った。

 ブルペンでは「フォームに力みが出てしまうことがあるので極力リリースだけに集中し、力を抜いて投げること。あとはフォームのバランス、しっかり軸足(右足)に体重を乗せてから、左足に乗せかえること」を意識していたという。さらには「変化球でカウントが取れないと苦しい」と、変化球を多めに投げ、その精度を確認した。

 高校時代には、日本中の注目を浴びる甲子園で優勝を果たした。プロでもすでに重要な試合は経験済みだ。

 ソフトバンクとの直接対決で連勝し、勝てば本拠地での優勝が決まる一戦となった9月29日。そのマウンドを託された今井は6回2失点と、大舞台で好投を見せた。しかし、チームに勝利を呼び込むことができず、本拠地胴上げはお預けとなった。「本拠地最終戦で勝ちきれなかった。リベンジできれば」と秘めたる思いもある。

 2勝2敗と五分でマウンドに上がる。

「そこは考えず、シーズン同様にしっかり先発としての仕事をやるだけです。自分が先発として何イニング投げるのか、何失点に抑えるか、で勝敗が分かれると思うので、先発として失点は少なくしたい。短期決戦。打者は本当に1球1球、1打席1打席にかけている。集中していると感じるので、試合では初回から1球1球、全力でいければと思っています」

 今季、ソフトバンクとの対戦は2勝1敗。今シーズン1軍デビューを果たした2年目右腕が、破壊力を誇示する強力打線を相手にポテンシャルを発揮し、本拠地胴上げへ王手をかけることができるのか。伸るか反るか。運命の第4戦は、20日14時にプレーボールだ。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)